MINTBABY

不妊を経験した当事者による不妊カウンセリングルームです。赤ちゃんを望むすべての女性・カップル・ご家族に寄り添い応援します。

Slide 1

Counseling Menu

MINTBABYのカウンセリングメニューは、赤ちゃんを望んでいる方への不妊カウンセリング、赤ちゃんを失った方への流産死産ケア、そして赤ちゃんをお迎えしたいと考えている養子縁組相談があります。対象は当事者とそのご家族。1対1の面接は45分、カップル(親子)は60分です。メール、電話相談も対応しています。

peer counseling

ピアとは「仲間」という意味をもちます。ピアカウンセリングは、同じようにつらい経験をしたものがカウンセラーとなり心のケアを行うことで、より当事者に寄り添うことができるとして1970年代アメリカで広がりました。現在では当事者同士が共感やシェアリングをするピアサポートのひとつの支援の方法として注目されています。

Counselor

不妊カウンセラーヒビキ。30歳から不妊治療スタート。約10年の長い治療の中で流産2回、24週死産を経験。養子縁組を調べたことがきっかけで乳児院など児童虐待防止関連のボランティアを始める。子どもの権利、福祉が関心ごと。周囲に不妊の悩みを打ち明けられなかった経験から、不妊ピアカウンセラーとなり当事者支援を始める。

Goal or Start

クリニックのゴールは妊娠です。私たちにとってのゴールはもっと先にあり妊娠はスタート。子供の成長を1年1年感じ、一緒に起きて寝て、教えたり教えられたり、笑ったり泣いたりして過ごす何気ない日々がしたいから頑張っていますよね。妊娠しないという出来事はとても大きなこと。そんな背景を大切にお話を伺います。

topics

  • 仕事と治療は綱渡りの術

    現代の女性は結婚してもほとんどが仕事をもっていますよね。赤ちゃんができれば、産休、育休と進み、十分ではないけれど支援はあります。その前の段階の子供を授かりたくて不妊治療をしている人への支援はどうでしょうか、30代の女性が多く働く企業では徐々に進んでいるようです。 Share this page Continue Reading...
  • 不妊のキモチ

    ==不妊とは、人生の計画がストップしてしまうほどご夫婦にとって大きな問題== 「考えすぎじゃない?子供以外の何かを見つければ?」 私は、そんな風に考えることなんてできませんでした。だって、今、赤ちゃんが欲しいから。妊娠を望んでいるカッ Share this page Continue Reading...
  • 「赤ちゃんはまだ?」攻略方法

    新婚〜3年目くらいまでは周囲のプレッシャーがひどく、この言葉を投げかけられただけで顔が熱くなり、笑顔が消えました。会う人会う人から言われ、久しぶりにある人には必ず聞かれました。第一声が「赤ちゃんはまだなの?」「できた?」「子作りしてる?」話題はそればかり。 アラフォーになってからはほぼ言われません。”子供まだ地獄”から生還したとでも言いましょうか。でも「子供何歳?!」と聞かれるようになりました。まだまだ道は続きます。 子供はまだ??? Share this page Continue Reading...
MINTBABYのカウンセリングはすべて不妊を経験したピアカウンセラーです。ひとりだったあの時、排卵日と判定日を繰り返したあの日々、涙を我慢したあの日、当事者としての感覚を大切にあなたを応援します。